恵比寿の子宝のめぐみ恵比寿鍼灸整骨院では国家資格保持者が不妊治療を行います。

子宝のめぐみ 恵比寿鍼灸整骨院


当院のこだわり

  • 東洋医学の基本から人の施術をしています。
DSCF1935 白 ○2.jpg

東洋医学はどのような人の見方をしているのでしょうか?
圧倒的に他店や他の先生とは違うことをしているのです。

それは、以下のような内容です。

体質学

東洋医学鍼師、灸師は本来、体を大きく2種類に分けてみます。実(実証)虚(虚証)の2種類です。内臓の強さ(陰陽)などを東洋医学の考え方から判断しています。より深く見たたて、診ています。盲診、脈診、舌診、腹診などがあります。

しかし、現代は皆さんもご存知な社会環境が多様化しています。この多様化した環境によって、身体への影響そのものが昔と比べより複雑になり、身体の影響も異なってきています。

例えば

  • ストレス 
  • 食品
  • 天候
  • 対人関係
  • 社会
  • 家族生活

などが社会の中には多様化されています。これらの大きな環境が身体へ大きく影響を与えています。

上記のような環境が、人それぞれ異なって日々繰り返していきます。するとどうでしょうか?人の人生は同じものは一つもありません。

それに伴って、強い人となる場合もありますが、問題を抱える人もでてきます。人は、からだ(体質)は弱り、こころ(精神)の症状もある時代となっています。

恵比寿鍼灸整骨院は22年以上前からこころ(精神)もみています。この理論は東洋医学にはありません。恵比寿鍼灸整骨院のオリジナルです。全員がオーダーメイドの施術運動となっています。

また、現代の同業者の鍼師灸師でも、からだ(体質)をしっかり診ることができていないことが現状です。そして、診方の方法も昔のような脈や舌や腹をみることも良いのですが、現代はかなり見立てが分かりづらいです。

そこで当院は他の診方もしています。

当院の理念

  1. 医療・健康・運動・教育・介護の専門家として利用者の方のアドバイザー(中間的な立場)として社会に貢献すること。
  2. 子宝に恵まれ当院で施術した元気なお子さんは良い遺伝、良い習慣が引き継がれる。未来に伝わること。
  3. 子宝に恵まれた方や健康になった方は、今以上に社会や家庭が豊かになり、更に人生が豊かになること。

1.について説明させて頂きます。

問診 yjimageB5NFQ0OI.jpg

施術運動指導を通じて、毎日、利用者の方と向き合っているとさまざまな人間模様に出会います。良いことであったり、残念なことであったり、時には怒ってしまいそうなことであったり、個人的なことや、家族のことや、病気や介護やメンタル、就職や進学、スポーツや競技などさまざまです。

院長は28種類のこれらのことに備えている、立ち向かえる資格を学び取得しています。

例えば、医療についてですが、救急車を扱っている病院の診察を受けたことがありますでしょうか?

救急車を扱うことの意味は、病院の大きさを意味しています。総合病院でやや大きい病院のことです。そうですね、午前中の10時頃に行ってみましょう。

どの診療科の席は満席となっています。立っている方はいません。全員が座っているのです。ただただ、じっと待っているのです。文字盤の番号が自分の番号になるまでです。この光景は良くないと思います。

この中に、当院の利用者の方がいたら残念でなりません。何が言いたいのか?

それは、ご自分の病気に対して症状や内容をあまりご存知でない方が多いからです。もし、もっと病気のことを知っていたら、もっと病気に打ち勝つためのことを知っていたらこの時間をもっと効率よくできるのではないでしょうか?

リハビリ(理学療法)を授けている方にも思うことがあります。介護を授けている方にも思うことがあります。運動をしている方にも思うことがあります。

一見、当たり前のように見えることや行っていることであっても、専門的に見た場合はそのもの自体がおかしいところがあったり、与えられている内容そのものが間違っていたりしていることが多々あるのです。それぞれは、それで制度化されていたり、準備されていたりしていますが。

また、授ける側の方にも、偏った考えをお持ちであったり、今流行っているからであったり、スマートファンなどで調べた情報であったり、それそれが何回もないことで人生に1回か2回しか遭遇しないことだったり、そのそもそこまで本気でなかったりなどさまざまな方がいます。

する側と授ける側のそもそもの接点が少なかったりしていることが殆どだと考えます。このような慣習は避けたいですし、本質のあることをもっと行っていきたいと考えます。

中間の立場(アドバイザー)とはこの様な両方の面をうまく結びつけることだと考えます。しかも、授ける側の方からの見方を充実していくことで、授ける方が実際に体感できることにつながるのです。

2.について説明させて頂きます。

細胞 yjimage.jpg習慣 yjimage.jpg

圧倒的に施術内容がそのようになるように考えています。整体というありきたりなジャンルでまとめていますが、実は違うと思うのです。

例えば、1つは体液循環を重視している点です。

羊水はどこからしみでてくるのでしょうか?羊水羊膜という胎児に近い膜から、2番目に近い絨毛膜からも少しずつ分泌されています。これも母親の体液の一部だと考えます。

この羊水は、母親の血漿、胎児の皮膚細胞の新陳代謝が始まる前)を通してしみ出た血漿や、母親の腎臓気道消化管などから分泌された成分も含まれています。

羊水は胎児の発育や発達を実は大きく促しているのです。胎児はこの羊水を飲んでいます。飲んだ後は、尿をだしています。飲んで栄養をとって尿を出す。胎児の腎臓はこの作用で丈夫になりますし、発達します。これも母親と子供で共同作業(生きる力)でなりたっています。

体液循環はを正常化する為には、全身の歪みや不調を少しでも減らす、無くす必要があります。何故ならば、睡眠不足では、腰や背中が痛いでは、食欲が無いでは、運動不足では、筋肉が弱っていては、内臓が弱っているなどあらゆる面で、不都合ならば、不調ならば、体液循環はうまくいきません。ましてや十月十日(とつきとおか)の体液循環は達成出来ません。

このように良い施術を行うことによって、胎児の成長は大きく変わると考えます。十月十日は単に母親の体調を管理するのは当然ですが、一番は胎児の毎日の呼吸睡眠排泄です。

この内容が良い環境で行われることで、胎児の体の基礎(源)が築かれるのです。それは、胎児の大きさや、母親の体重でははかりきれません。快適な時代になってきたとは言っても、ご存知だとは思いますが、残念なことに身体は同じように体質はあがってはいないのが現状です。

遺伝 yjimageGYCAFO8P.jpg

良い遺伝習慣が引き継がれるにはどのようにしたら良いのでしょうか?
体液循環についての詳細は、「妊娠を希望される方へ」をお読みください。

3.について説明させて頂きます。

現在、当院の院長は医療類似行為となる国家資格をはじめ、教育、運動、介護、メンタル(精神)など人が生きる時に必要となる広範囲の資格を取得しております。1つの分野の専門家では、本当の健康には結びつかないと判断した為です。

  • 近年の社会環境は、皆さんから見ていかがでしょうか?
  • 10年後社会環境30年後社会環境をどのように創造しますでしょうか?


DSCF3843 顔 紫.jpg当院で、めでたく妊娠され出産された方、病気や怪我を完治された方、今までたくさんの皆様の人生が明るくなり、より良くなる為に微力ながら貢献させて頂きました。

しかし、22年もの期間の経緯を体感して多々思うことが湧いてきました。それは、「本当に良い健康」「本当に良い人生」についてです。

人の人生のサポートをさせて頂いたことで、感じたこの思いがあります。

 

  • お子さんか生まれても、その後の生活がもしも不足していた時はどうでしょうか?
  • お子さんがいる家庭で、もしお婆さんが介護生活をしなければならない体調となったらお母さんはどうすればいいのでしょうか?
  • 運動が好きで、40年以上も続けてきたのにもしも身にならないような結果だったらどうでしょうか?
  • 旦那さんが急に重い病気にかかったら、病気に打ち勝つ為にどんな医療を受ければよいのでしょうか?

生きていくと様々な出来事に出くわします。個人的な主観ですが、「新たな生命の誕生」を追求させて頂いておりますので、お子さんが最高に良い環境ですくすく成人され、社会で貢献されるようになる為に、様々な環境でお手伝いさせて頂きます。様々な分野の専門家として今まで以上に貢献させて頂きます。

核家族 yjimageASNWS7K1.jpgそして、現代の単家族(核家族)のご家族が「もっと豊かになれる」「もっと豊かになる」ことを実現する。

※お分かりだとは思いますが、院長がどうして資格をたくさん取得しているのか?

医療面、教育面、運動面、介護面、精神(メンタル)面
など身体に大きく関わることを地道に学ばれているのか?その答えがお分かりになりましたでしょう。

子宝のめぐみ 恵比寿鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-12-4 せらびEBISU B1
アクセス:
JR恵比寿駅西口より徒歩6分、日比谷線恵比寿駅「5番出口」より徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5702
受付時間:
月~土:10:00~20:00
日・祭:10:00~17:00
定休日:
なし

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ