恵比寿の子宝のめぐみ恵比寿鍼灸整骨院では国家資格保持者が不妊治療を行います。

子宝のめぐみ 恵比寿鍼灸整骨院


当院の整体とは

東洋医学お灸は主に体の陰陽五行の理論から内臓(五臓)のバランスを整えていくことができます。それだけでも十分に改善できるのですが、恵比寿鍼灸整骨院ではそれ以上に強い柱になる施術もしています。 それは「整体」です。

皆さんが気になることは、この「整体」のことではないでしょうか?

恵比寿鍼灸整骨院の整体とはどんな整体なのか?

鍼師、灸師、あん摩マッサージ師、柔道整復師国家資格を保持しているのに「整体」もしているのは何でなのか?

「整体」と一言にまとめるとどれも同じように見えてしまいます。他のお店では「整体」と聞くと、下記のようなことをします。

「骨盤調整」「歪み調整」「腰痛」「肩こり」などの症状を、骨をボキッと鳴らしたり、痛みのある部分や歪みのある部分を直接ゴリゴリしたりします。 ※骨を操作することで調整することや痛んだ場所、歪んだ場所?を調整することをする考え方です。

整体にも色々あります。 ※現代の整体は大きな範囲で認知されています。

整体は一般の人ができる範囲から、リラクセーション、痛みなどの症状を整えるものまでです。 恵比寿鍼灸整骨院の「整体」の考え方は、国家資格はり(鍼)お灸、圧、マッサージ、物理療法なども、全て「整体」とみなしています。

国家資格で取扱う療法も体を整えるので整体と考えています。この考え方は、整体=国家資格+民間にある整体療法という幅広い範囲を意味しています。

当院は特殊な療法もおこなっています

当院の整体=国家資格(鍼灸、マッサージ、指圧、整骨、接骨)+民間にある各種整体療法

これに更に「エネルギー療法」「気功」「タッチセラピー」などの療法を加えて、原因となる源や脳などの作用が順調に働くようにしています。

※1.イギリスでは「気功療法」エネルギー療法として国が認めています。難病など解決しにく症状は保険を扱って施術をしています。
※2.アメリカでは東洋医学西洋医学と肩を並べるくらいになってきています。気功師(ヒーラー)も認知され大きな病院では治療として扱われています。

何でエネルギー療法の時代なのか?

現代は、大きく社会(文化)が進歩し続けています。食文化、電気機器などの日常から、社会までにいたる機器・産業などの文化。 これにより生活や社会は合理的に進歩し、快適な時代になってきました。

街や電車内などを見渡すと、必ずと言ってよいほど、携帯電話を手にしています。 では、この進歩が人の身体に少しずつ変化を与えていることをご存知でしょうか? 大半の方は、良い面を重視して、悪影響を与えている面については、目をふさいでいると感じます。

身体に与える悪影響とは?

皆さんは、社会が進歩して、その分、日常生活が快適になってきていますが何時ごろからの出来事だと考えますか?戦後からの社会の急激な進歩からだと考えます。昭和20年以降からの実に約90年程の期間の間でおきています。日常生活の快適とは、生活と食事について大きく変化(進歩)したと考えます。

  • 何で、配線も無いのに通話やネットを使うことができるのか?
  • 何で、快適な生活には電気機器に囲まれているのか?
  • 何で、何時でも食品(肉や野菜など)を手にできるのか?
  • 何で、食品はどれも見た目や味がよく見えておいしいのか? 

この問いかけに、皆さんはどのように思いましたでしょうか?

今、日本にはこれにも身体に悪影響を与えるものが多数あります。例えば、福島から発生している放射能です。空から、海から、川からなどあらゆる流れで汚染されています。

エネルギー治療は、そもそもこのような物を取り去る、消し去ることはやはり出来ません。しかし、通常の施術療法では、これらに影響されている身体を改善していくことには、困難であると考えます。

上記のような目に見えない物体、物質、化学などの力は脳や体の根本に影響を与えています。影響を受けている身体(脳、体)には最先端の解除法として「エネルギー療法」が必要となっているのです。

そこで、身体の根治をしていくには、これらに反応してしまっている身体に、目には見えない障害物に対して、見えないからこそ恵比寿鍼灸整骨院の整体療法身体の内部にある病気に変化を与えることができると考えています。

子宝のめぐみ 恵比寿鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-12-4 せらびEBISU B1
アクセス:
JR恵比寿駅西口より徒歩6分、日比谷線恵比寿駅「5番出口」より徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5702
受付時間:
月~土:10:00~20:00
日・祭:10:00~17:00
定休日:
なし

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ